結婚式2次会・幹事代行のネクストステージ|大阪・神戸・京都・広島・福岡・名古屋

ネクストステージ(2次会代行)

コラム

結婚式は一生に一度のイベントであり、二人にとっての新たなスタートです。
他の結婚式とは違い、記憶に残る特別な結婚式にしたいと思っている新郎新婦は多いでしょう。
ご両親を含む、参加者全員に対する「感謝の気持ち」や「気配り」を感じられない結婚式は、楽しくても記憶に残りません。
二人にとっても、参加者にとっても、特別な結婚式にするために、こだわりを詰め込んだ式にしたいですが、何かと費用が嵩んでしまうものです。
しかし、節約だけに重きを置いてしまうと、安っぽい結婚式になってしまうでしょう。
結婚式のクオリティは下げることなく、演出を工夫することで、節約が可能です。
結婚式の費用を節約するには、いくつかポイントがあります。
こちらでは、結婚式費用の節約のポイントをご紹介します。
結婚式の費用を抑えながら、記憶に残る、特別な結婚式にしましょう。
結婚式場では聞きづらいことも、ネクストステージであれば、アドバイスをすることができます。
是非、ご相談ください。

結婚式の計画を始めると、会場見学や会場スタッフとの打ち合わせを行うことになりますが、最初の段階で貰う見積は、必要最低限の費用しか含まれてないことが多いです。

・・・つづきはこちら

結婚式の演出ツールとして、招待状や席次表など、ペーパーアイテムを手作りやオリジナルの物にするカップルが多くなっています。手作りすれば、結婚式費用を節約できます。

・・・つづきはこちら

結婚式での写真撮影は、八割以上の人が、式場のカメラマさんに依頼します。そこで、カメラマンには撮影だけを頼んで、結婚式のアルバムを自分で作成すれば、かなり結婚費用が節約できます。

・・・つづきはこちら

結婚式場がもともと持ち合わせている会場装飾を活用していくことで、装飾の工夫に頭を悩ませることもなくなり、費用も節約できます。フローリストさんを頼ってみるのもおススメです。

・・・つづきはこちら

結婚式の費用の相場は300万円から350万円です。親族や親からの援助を除けば実際に新郎新婦が支払う費用は150万円ほどでしょう。あらかじめ予算を決めておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

多くのカップルが不満を抱いているのは結婚式の持ち込み料です。持ち込み料は安い料金ではありませんので、交渉や工夫をしましょう。アイテムよっては持ち込み料が安く済む場合もあります。

・・・つづきはこちら

工夫次第でお色直しをしなくてもウェディングドレス1着だけでイメージを変えることができます。結婚式の披露宴は、堅苦しい雰囲気はないため少し遊び心を持つといいでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚式では最後に新郎のスピーチがあります。人生の晴れ舞台ともいえる最後の新郎のスピーチは、男性としてかっこよく決めたいところです。感動的なスピーチをしましょう。

・・・つづきはこちら

これから結婚式の会場を探し始めるカップルは、「ここで挙式して良かった」と思える会場に出会うために、会場探しのポイントを知っておきましょう。最初に希望条件を決めておくことも大切です。

・・・つづきはこちら

結婚式に招待するゲストの人数は予算によって、ざっくりと決まりますが、その人数に絞りこむ際の決め方の基準があります。理想の結婚式が明確であれば、ゲストの絞りこみはスムーズに進みます。

・・・つづきはこちら

結婚式の会場が決まった後は、衣装探しが始まります。挙式の半年前から始めましょう。ドレス選びは時間がかかり、サイズ直しや小物の準備があるため、余裕を持って決めることが大切です。

・・・つづきはこちら

ブーケの選び方次第で、ドレス姿がより美しく演出されます。なりたい花嫁姿をイメージし、ドレスのタイプや結婚式のコンセプト、テーマにあった色や形のブーケを選びましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式当日に、理想通りの花嫁になるためにヘアメイクオーダーは失敗することができません。花嫁の雰囲気を左右するヘアメイクは、なりたいイメージを明確にしてオーダーしましょう。

・・・つづきはこちら

ヘッドドレスとは、花嫁がドレスを着た時に身につけるヘアーアクセサリーのことを言います。ヘッドドレスは様々な種類があるので、似合うヘッドドレスを見つけるためにも種類を知りましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式では、ゲストの方からお酒を注いでいただく機会が多く、二人のことを祝ってお酒を注いでくれているので、飲めないことは言い出しにくいです。対応の仕方を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式の準備を始める中で、どのような演出にするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ゲストが楽しめ、感謝の気持ちが伝わる演出をするためにはポイントがあります。

・・・つづきはこちら

ブライダルアイテムのひとつであるウェルカムボードを最近では手作りをするカップルが増えています。費用節約を兼ねて自分たちらしいウェルカムボードを手作りしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

結婚式に欠かせないウェディングケーキは、意外と費用がかかるものです。これから結婚式を控えているカップルは、ウェディングケーキの節約ポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式を挙げるカップルが一番気になるのは費用です。結婚式には平日割引や直前割引などがあるため、日取りを工夫することで、理想通りの内容で、結婚式を挙げることができます。

・・・つづきはこちら

結婚式の引き出物は、出席してくれたゲストへのお礼です。節約すると安価な物になる心配がありますが、ポイントを抑えることで、そのようなことをしなくても費用を節約することができます。

・・・つづきはこちら

子どもを連れて参列してくれる親族や友人に、気兼ねなく参加してもらえるように、配慮することが大切です。参列してくれる方の考え方や環境によっても、子どもの参列は異なるでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚式の二次会の幹事をお願いする際には全てお任せするのではなく、ミーティングや段取りなどを仕切るのも新郎新婦の約目です。負担ばかりかけてしまうのでは、楽しい二次会にはなりません。

・・・つづきはこちら

結婚式では新婦が両親に対する手紙を読むことがありますが、文章構成をしっかりと考えておかないと台無しです。自分の両親だけでなく、新郎やその両親、また参加者にも配慮してください。

・・・つづきはこちら

披露宴の最中にトイレに行きたくなることもあるでしょう。その際には我慢できそうになければ、無理をせずに担当者に伝えるようにしてください。対策について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式に祖父母など高齢者を招待したいという人も多いでしょう。高齢者を招待する場合は、体に負担がかからないように動線を確認し、トイレ、入口に近い席、休める部屋の用意をしましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式の受付は両家の顔としてゲストをお迎えする重要な役割であるため、誰でも良いわけではありません。また、頼み方にも注意が必要です。依頼する人や頼み方などについて知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式に欠かせないアイテムのひとつにウェルカムアイテムがあります。ウェルカムアイテムはゲストをおもてなしする大切なアイテムです。楽しんでもらえるようなものを用意しましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式の披露宴の際に、新郎新婦からゲストへ直接手渡すプチギフトがあります。プチギフトはゲストが貰って喜ぶものを選びましょう。プチギフトの選び方にはポイントがあります。

・・・つづきはこちら

結婚式の二次会に参加する際の服装は、普段着とフォーマル服の中間を意識しましょう。女性はパーティー感のあるワンピースやパンツスーツ、男性はワイシャツとジャケットがおすすめです。

・・・つづきはこちら

二次会のプログラム作成ポイントをおさえれば、初めて幹事をする人でもスムーズに作成することができるはずです。新郎新婦も参加者も楽しんでくれる結婚式二次会にしましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式二次会の幹事は、様々な準備をしなければなりません。二次会が成功するかどうかは、幹事次第です。限られた時間の中で役割分担をしっかり行い、結婚式二次会を成功させましょう。

・・・つづきはこちら

結婚式二次会の幹事は、重要な仕事をしなければならないため会費は払わなくても良いのではないかと思う人もいますが、新郎新婦から説明がなければ払ましょう。後からお礼を頂くこともあります。

・・・つづきはこちら


pagetop